ドメインの購入方法や管理方法ついて、お教えしましょう。と、言っても私も素人ということはご了承頂きたい。しかしドメイン漁って早3年、そろそろ次世代のために情報を残していきたいな、と。

ドメインとバナー広告の評価について

ウェブサイトの広告はバナー広告がまだまだ強いですが、広告の評価についてはドメイン側も影響が出てきています。バナー広告の単価は一般的に固定されている場合が多いですが、ウェブサイトの視聴数に合わせて単価が大幅に変わるケースがあります。単価については各宣伝会社が決めていますが、その一つの指標がドメインの価値です。ドメインの価値については2つの指標でチェックされることが多くなっています。1つは検索サイトでの評価です。PVで判断されるケースもありますが、検索サイトでの表示順などをトータルに検討する場合も多くなっています。検索サイトでの評価ではある一定のキーワードでの検索順位が使われることが多いです。多くの場合、検索策順位が高ければPVも増えるので良く利用されます。また、広告バナーの表示回数も重視されることもありますが、バナー表示はツールで増やせる場合も多く、指標として使いづらいという意見もあります。2つめはバックリンクの数です。バックリンクはサイト同士の相互リンクや記事内でのリンクが重要視されてきましたが、昨今注目されているのがSNSでのリンクです。SNSでのリンクはリツイートやいいねなどで拡散しやすいのが特徴です。また、キーワードによっては定期的に盛り上がるリンクも多く、長く使えるドメイン指標の一つと考えられています。各バックリンクは独自に調査されることが多く、リンクごとに点数が付けられることが増えています。リンクは影響力が強い方が設定するほうが重要です。そのため、フォロワー数や記事の数などが総合的に判断される場合が多いようです。そのため、ツールで作ったかのようなリンクはカットされることも多いです。リンクについては検索サイト側でも重視することが増えてきており、検索順位にも強い影響があると考えられてます。検索サイトによってはSNSでのリアルタイムタイムラインを利用して検索順位を決めるケースも出ているようで今後ますます重要性が高まると期待されてます。また、サイトのリンクは消えるケースもありますが、SNSでのリンクは長く残される事が多いのも利点と考えられています。SNSで情報収集する方が増えていることもあり、古いリンクでも重要なポイントとなります。バナー広告はクリックされて課金される方式が多いですが、売上で課金が決まる方式も増えており、ドメイン全体での価値がとても重要になってきています。